新曲のお披露目を

3月26日 渋谷ASIA

新曲の「重力」をお披露目します。

生暖かい初夏の夜中に砂漠で淡い月の光を眺める。

流れ星が洞窟に着地する音。それは想像、それは現実。

風が吹き、砂が舞う

乾ききった砂が水分を含み、一気に体を吸い込む

重力

自由を奪われまいと、空に、空に。

闘いの始まり。

神経回路を駆け抜ける血の匂いは

駆け上る一歩を促す情熱

重力を克服する「もう押さえ込まれることなんてない」

気を許すと、一気に押し潰されそうになる。

打ち勝つ。連射する。

それでも流れ星は無重力を横切っている。

 

こんなイメージです。

今までとはちょっと違ったSARATOGAの音、それでいてSARATOGAらしいぶっ飛んだ音を体感してもらえれば。

平日ですが、一緒にぶっ飛んだ夜を過ごしましょう。