新井健 SOLO Exhibition in ワタリウム美術館にSARATOGA出動!!

新井健 SOLO EXHIBITION
Share

2015年に結成された日本のアーティストチーム「MES

中心メンバーは谷川果菜絵と新井健。東京芸術大学在学中、演劇やビックバンド、アンダーグラウンドカルチャーに影響を受け、時代を切り拓く新しい芸術作品・様式を模索し、展覧会/パフォーマンス/演出を中心とした活動を国内外で展開。これまでのチーム活動に、クラブ青山蜂・半蔵門ANAGRAの2会場パーティー形式の展覧会「SEMISSION」や、TAV​ ​GALLERYでの個展「MAYDAY」、ダムタイプ「S/N」をインスパイアしたパフォーマンス「MES/N」、若手レーベルとのタイアップエキシビションライブ「POOL MUG」、オーストリア・ウイーンにて〈セルフ・レジデンス〉と称し展示の殆どをフリーで賄う個展「NATU NATU」などがある。

近年はオリジナルの〈レーザー・アニメーション〉や〈ライブ・テーピング〉を使用し東京のクラブやライブハウスを中心に音楽イベント、カルチャーイベントを演出している。他にもMV制作等、活動は多岐にわたる。

粋響でもレーザーで舞台を彩ってくれたMESの新井健くんのSolo Exhibition “OUTTA STEP”クロージングパーティにSARATOGA出動します!!

何度も一緒の現場を共有した彼らの表現を目に焼き付けて新しい空間を体感しましょう!!
美術館でのLIVEというのもSARATOGAとして初の試みなので、予想を超える瞬間が沢山生まれる予感満載なので、より刺激的な一夜を味わいに是非おいで下さいませ!!

「OUTTA STEP」
縮まる渋谷 踊れるエリア そのアウトサイダー クラブ青山蜂
歴史紡ぐ音に光放ち揺れる3階/世代超え人種超え集う祭り
針が上がる午前0時、パーティーは終わりだ

誰が始めた再発するクラブの摘発/
この国じゃ手を取り合う悪法とダンス
疑いの目蔓延るダンスホール/
「踊らせた容疑」で止まるミラーボール
認識が命って インチキは覆してくれ 過去の見せしめ
すべては再来年のための帳尻合せ その先は見据えない勢い任せ

裏の事情コネクション痴情 薄っぺらい都合で動く日常
ローカル排除して失うオリジナル/ガラス張り空っぽなビルが隙間なく
見慣れたあのタグもガレキ行き 見上げた空充す紅白のクレーン

ノイローゼで死に逝く梟 この夜は 誰のもの
ようこそここは踊れない国 danceforfreedom踏み出すのみ

Day3「THE FINAL_make some noise」

10月14日(日) 19:00-23:00

クラブの多様性を押し広げたパーティーを披露。

ディジュリドゥ×シンセ×ドラムによる人力トランスバンドSARATOGA、〈あなたの嫌いなものが好き〉を掲げる異形ダンスバンド・NINJASをお迎え!また、美術家も本気のパーティーを披露します。

映像ディレクターとしても活躍する新芸術校第3期銀賞受賞者・村井智と新井のソロセッションも。

これまで100組を優に超えるサウンドアーティストとパーティーを明かしてきたMESが、東京で今熱いラインナップをお届けします!

カテゴリーNEW